部分入れ歯は若い年齢の方にもおすすめの治療法です

大和市鶴間スギヤマ歯科医院、歯科衛生士の伊藤です。皆さまこんにちは。

今回は、部分入れ歯は決してご年配の治療法ではなく、若い年齢の方にこそおすすめな治療法なことを知っていただきたくお話しします。

注意!若い年齢でもが抜けます

永久歯が抜け始める年齢は何歳頃なのかご存知でしょうか?

60歳くらいかな?なんて油断している方はいませんか?

一般的に、歯は45~50才くらいから抜け始める方が多いです。

しかしお口の状態によっては20~30代でも歯が抜けるリスクがあります

仕事や子育てで忙しい若い年齢の世代では、虫歯の治療のタイミングを逃して、歯を抜くことになってしまったという話もよく聞きます。

若い年齢の方でも、歯が抜けてしまう可能性は十分にあります。

放置はキケン!歯が抜けると起きる不調

歯が抜けたままの状態が続くと、健康的にも美容的悪い影響があります

お口のことでいえば、反対側のかみあわせの歯が伸びてきたり、お隣の歯が倒れてきたりして、歯並びが崩れ始めます。

食べ物を噛みづらくなりますし、歯茎やほっぺたを噛んだり、歯茎の炎症にもつながります。

美容面でいえば、左右非対称の骨格になってしまうのでお顔のバランスが崩れてゆがんでしまいます。

 

そうなると肩こりや頭痛など、身体症状も表れてきます。

歯が欠損したら、できる限り早い治療をおすすめします

40代で部分入れ歯って珍しいの?

40代で部分入れ歯なんてちょっと早すぎ?珍しいのかな?と思う方もいらっしゃると思います。

年代別にみると、40代で入れ歯を使っている方は約4%、30万人程度いるそうです。

これはインプラントの装着割合と同程度の割合だそうです。
(平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要 – 厚生労働省より)

数値を知ると、ちょっと気持ちがラクになるような気がしますよね。

部分入れ歯は若い年齢の方にもおすすめの治療選択です

歯の欠損の治療法として代表的なのは、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントです。

最近はインプラントも人気の治療法ですが、当院では部分入れ歯を推奨しています。

 

インプラント手術が必要な大掛かりな治療で、術後のケアにもとても気を遣わなければなりません

お手入れを間違うと炎症を起こしやすく、次の歯の欠損にもつながったります。

部分入れ歯と比べてかなり綿密なケアが必要になります。

 

ブリッジは手術を必要としませんが、欠損部の両隣の健康な歯を大きく削らなければならないのがデメリットといえます。

せっかくきれいな歯なのに、削ってしまうのはもったいないですよね。

 

部分入れ歯大掛かりな手術は必要ありませんし、周囲の歯を削る必要もありません。

定期的なメンテナンスは必要ですが他の治療法と比べると気軽に選べる治療法です。

まとめ

歯の欠損等の理由で最初に入れ歯が必要になったとき、ショックを受けるのではないかと思います。

治療法はいろいろありますが、当院は年齢問わず、手軽に始められる部分入れ歯を推奨しています。

当スギヤマ歯科は、部分入れ歯の保険診療、自由診療、どちらも対応できます

ご自分に合った治療法をお選びいただくお手伝いをさせていただきますので、当院にお気軽にご相談ください。