保険治療にはルールや制約があることをご存知ですか?

皆さま、こんにちは。スギヤマ歯科医院、院長の杉山順一です。

皆さまご存知のように、歯を失った時保険で出来る治療法には入れ歯とブリッジとがあります。(もう一つインプラントという方法がありますが、保険では出来ません)
それぞれに長所短所があり一概にどちらが優れているとは決められないので、私たちは皆さまとの相談で決めるようにしていることは以前から述べてきました。

ただ、選択条件としてもう一つ、皆さまに知っておいて欲しいことがあります。
それは、保険で出来るブリッジにはある程度の制約がありどんなケースでも出来るとは限らない、ということです。

大雑把に言うと、歯の抜けた本数が多ければ多いほど保険でのブリッジができなくなります。それに対して入れ歯はどんなケースでも保険で出来ます。(もちろん全部の歯が無くても保険で総入れ歯が出来ますよね!)

歯の抜けた位置や抜けた本数が、保険のブリッジのルールに該当しない場合は必然的に入れ歯しか選択肢がなくなってしまう訳です。 ブリッジを考えておられる場所は、抜けた本数が少ないうちに早めにご相談ください