神経を取るとは?

皆さま、こんにちは。大和市鶴間スギヤマ歯科医院、院長の杉山順一です。

今回の[院長のつぶやき]ブログから数回は、[歯の神経を取るとどうなるか?]がテーマです。

皆さまは歯が痛くなって歯医者に行って、[歯の神経を取りましょう]と言われたことはありますか?

あるいは今の自分の口の中に神経を取った歯がありますか?

虫歯の穴が大きくてズキズキ痛い時は、痛みを無くすために私たちは歯の神経を取る治療をします。また知覚過敏といって虫歯が無くても冷水や空気などがツーンと強烈にしみる状態が続いている時にもこの症状を無くすために神経を取ることがあります。そして神経を取った後は詰め物やかぶせ物をして歯は元の形に仕上がります。

ただ、私たちからすると、耐え難い痛みが続いているので痛みをなくすために[仕方なく]神経を取る治療を選択せざるを得ないというのが本音です。できることなら神経を取らない方法を考えたいのです!

歯の中は、神経とともに血管も通じているので、神経を取る治療をするといっしょに血管も取ってしまうことになり、その結果歯に血が通わなくなってしまうので歯が死んで脆くなってしまうので(ちなみに、血管を残して神経だけ取ることはできません。作業上それは不可能なことなのです)

歯が脆くなるとどうなるか?また、他にも神経を取ったことで起こる弊害があります!

それについては次回から順番に書いてゆきますね!