歯科治療でむし歯は [治る] のか?

皆さま、こんにちは。大和市鶴間スギヤマ歯科医院、院長の杉山順一です。
今回はそもそも論として、むし歯は治るのか?治せるのか?という話です。

これはもしかすると皆さまも無意識のうちに誤解されているかもしれません。

むし歯の治療とは、むし歯になって柔らかくなった歯の部分を削り取って、出来た穴に金属やプラスチックやセラミックを詰めます。これは皆さまご存知だと思います。

そして、[はい、治りました]と歯医者さんに言われると、皆さまも、ああよかった、これで治ったのだ、と思うでしょう。

しかしこれはよく考えると、治った訳ではありませんよね。むし歯でできた歯の穴に、別のものを入れて穴を埋めただけなのです。

穴の中にまた歯の組織が再生してきて 穴が塞がったとき、本当に治ったと呼べるのではないでしょうか。でも残念なことに、人間の歯は一度むし歯になったり一度削ってしまうと二度と再生しないので、仕方なく現在の歯科治療では別のものを詰めているのです。

歯とは違う物が入っているのですから、当然ながら歯と一体化しないので取れたり歯との隙間からまたむし歯になったりするわけです。(ちなみに、歯を抜いた後は顎の骨と歯肉には大きな穴が出来ますが、数ヶ月の間にそこに新たに骨と歯肉が再生してきてその穴は塞がります。これは治ったと言って良い状態です)

治療を繰り返すと、その度に自分の歯が削られて少なくなってゆきます。

私たちも治療しながら、削っている自分が無念で仕方がありません!
歯は削らないのが一番ですよ。