歯の治療にかかる期間について

大和市鶴間スギヤマ歯科医院、院長の杉山順一です。

皆さま、こんにちは。寒暖差が大きくなってきましたね。体調にはくれぐれもお気をつけて。今回は歯科治療の治療回数と期間のお話をします。
一応の目安の回数と期間を書きますが、歯の状態によってかなりの幅で増減する事をご承知おき下さい。

①小さいむし歯で痛みなどの症状がない場合は型を取らなければ1回で終われることが多いです。型を取ると2回かかります。

②大きいむし歯で痛みがある場合は神経を取ってかぶせ物を作る治療になり、神経を取るのに前歯だと3〜4回、奥歯だと5~6回かかり、その後型を取ってかぶせ物が出来上がるのに2〜3回かかります。

③歯がないところにブリッジを作る場合は型を取って2〜3回、入れ歯を作る場合は型を取って3~4回かかります。

今までの話はすべて治療に通う回数です。
型を取った場合は次回の治療までに1週間~2週間ほど治療物を作る時間がかかるため、たとえば入れ歯3~4回かかるということはトータルの期間としては1ヶ月~2ヶ月ということになります。

一方で神経を取る治療の場合は次回の治療が2日後、3日後でも構いません。
よって奥歯の神経を取るのに5~6回かかるというのは、2~3週間の期間がかかると考えて下さい。

また、新たに歯を抜いてからブリッジや入れ歯を作る場合は、抜いた後の歯ぐきがしっかり治るのを待つ期間が概ね3~4ヶ月必要で、その後型を取ることが始まります。

例えば半年後に結婚式がある、妊娠活動を始める前にむし歯治療をしておきたい、
来年から長期で海外出張することになった、などタイムリミットがある場合はどうかできるだけ早く相談して下さい。
一緒に治療計画を考えてゆきましょう。